ぬいぐるみくじ発見紀

水族館や動物園のぬいぐるみくじについてや、観光地の訪問記です。

1000円 ぬいぐるみくじ 場所別まとめ 〜滋賀県、三重県、和歌山県〜

㈱CUTEなどの、一回1000円のくじ引きを扱っている場所を、動物園や水族館を中心に筆者が独自に調べてみました。(期間限定の場所を除く・場所により価格が異なる場合があります。)

 

2023年3月に確認できたもののみ掲載しています。

お店によりいつも同じ種類のぬいぐるみを扱っている所と、時期により種類の入れ替わりのある場所があります。

 

くじの取り扱い時間が店舗の営業時間と異なる場合があります。

 

最新の営業状況などを確認してからお出かけすることをおススメいたします。

滋賀県

・ミュージアムショップおいでや

県立琵琶湖博物館内のミュージアムショップ。

2023年4月29日の時点で、取扱種類はアザラシとツノガエル。一回1200円。店舗の営業時間は9:30~17:00。

 

三重県

・道の駅 紀宝町ウミガメ公園

CUTEのぬいぐるみくじ。一回1000円。

3月22日現在、種類は亀とシラス

亀の色は緑、ピンク、茶色。4等のピンク色はネットショップでも取り扱っているが、人気のためただいま店舗でも欠品中とのこと。

そしてシラスのぬいぐるみが大体いつもあるそう。

お目当てのぬいぐるみがある場合は来店前に問い合わせをして確認するのがおすすめとのこと。

 

・ナガシマスパーランド

ナガシマスパーランドのテーマキャラクターでもある、ピーターラビットのぬいぐるみのくじ。園内ショップ2か所(ミュージアムショップ、キャラクターショップ)で取り扱っている。

どちらも同じもので、一回1,000円。

取り扱い時間はミュージアムショップは開園時間に準じ、キャラクターショップは時折12時頃から閉園までの取り扱いとなっている。

以前は園内の絶叫系アトラクション白鯨をモチーフにした、白いクジラのぬいぐるみのくじを扱っていたが、こちらは現在はショップで定価販売されている

 

和歌山県

・和歌山マリーナシティ

黒潮市場にてマグロくじを取り扱っている。

一回1000円。取り扱い時間は店舗の営業時間に準ずる。3月21日時点で、並んでいる種類はマグロ、ペンギン、パンダ

 

・アドベンチャーワールド

来園者の多い日にぬいぐるみくじを開催している。種類はパンダくじとイルカくじ

取り扱い場所は園内2個所に別れており、パンダくじは出口手前のギフトショップイルカくじは園内イルカショースタジアム近くのショップオーシャングロットにて取り扱っている。

パンダくじもイルカくじも一回1000円で、開催している日は、それぞれのショップの営業時間内であればいつでもくじを引ける。

(パンダくじは開園時間と同じ、イルカくじは15:00頃までだったと思います。)

イルカくじのぬいぐるみはハッピーマリンシリーズのイルカで、色は水色。1等から3等まで大きさがある。ヒレの付け根の近くの体の部分に、押すと鳴る笛が入っている。

2つのくじの開催の判断は別々のようで、どちらか一方のみの開催の場合もあるようだ。

 

・㈱池本商店 幸梅漬本舗 白浜店

白浜バスセンター停留所の隣にあるお土産屋。パンダくじを取り扱っている。種類は2023年3月現在、アドベンチャーワールドのパンダくじと同じ、座ったポーズのパンダのみ。店舗の営業時間は9:00〜17:00。定休日は水曜日。